自分の支出は、だれかほかの人の収入だということをいつも覚えておくんだ

コーヒーと本
自分の支出は、だれかほかの人の収入だということをいつも覚えておくんだ。自分のキャッシュフローのコントロールができない人が、コントロールできる人を金持ちにする
 
 
改訂版 金持ち父さんの投資ガイド 入門編 P.223
—–
 
 
 
僕は人と会うことが多いです。
ビジネスの話をしたり、投資の話をしたり。
 
で、会うときはカフェや喫茶店を使います。
よく使う喫茶店はなんばの英○屋です。
 
なんばでお茶をする人とは、もしかしたら出会っているかもしれませんね。
 
 
 
喫茶店を利用したときには、コーヒーを飲みますので、もちろん代金を支払います。
この時の代金は喜んで支払っています。
 
そして、ありがとう、と感謝をこめて支払っています。
 
 
 
なぜかと言うと、
 
 
 
英○屋のおかげで、いい情報が得られたりするからです。
この喫茶店がなければ、もしかしたらいい情報を持ってきた人とゆっくり話すことができなかったかもしれません。
僕にとって、これは非常に大きな損失となります。
 
ですので、英○屋には喜んでお金を払います。
ここで、喫茶店を開業してくれてありがとう。
そのおかげで今日もいい情報が得られました。
 
 
 
いい情報というのは、やはり人を介して得られます。
今はネットで情報が出回っていますが、大した情報は出ていません。
やはり、人伝の方が圧倒的にいい情報が来ます。
 
特に、ビジネスや投資のおいしい情報はそうですね。
 
 
 
いい情報を得るために、喜んで喫茶店に支払いをしています。
 
 
 
先日、気になっているプリンを買いました。
とあるコンビニに売っている、非常に量の多いプリンです。
455gなので、標準プリンの4~5倍といったところです。
 
 
プリンが食べたくなったので、衝動的に買ってしまいました。
 
 
持ってみて、その圧倒的な質量に、ビックリ、ニンマリ(笑)。
早く豪快にスプーンですくって食べたい!
 
と家路を急ぎました。
 
 
家に着き、コーヒーも用意して、早速食べてみました。
 
 
 
そして、またもビックリ!
 
 
 
なんと、そのプリンのまずいこと(笑)
めちゃくちゃ裏切られた気分です。
 
せっかく楽しみにしてたのに。
豪快に食べてやろうと思っていたのに。
このスプーンを握り締めた手をどこに向けたらいいんだ!
 
 
コーヒーで口直ししながらなら食べられるかも
 
と思い、コーヒーを飲むと、
 
 
 
まずい!
 
 
 
プリンの後味とコーヒーが混ざると、さらなるまずさが襲ってきました。
 
 
 
結局、このプリンはゴミ箱行きとなりました。
 
 
食べた後も、何か腹の中が気持ち悪い。
 
気分的にも身体的にもいい気持ちのしないプリンでした。
 
 
 
こういったものには、たとえ1円でも払いたくないです。
 
 
 
喫茶店とプリン
 
値段で比べると、喫茶店の方が2~3倍くらいします。
でも、喫茶店には喜んでお金を払いますが、今回のプリンには1円も払いたくありません。
 
 
 
いい情報を得ることができるものには、喜んでお金を払う。
気持ち悪くなるものには、お金は払わない。
 
 
 
極端に言うと、
100万円払っても、300万円戻ってくるなら喜んで払います。
10円でも、何も戻ってこないなら払いません。
 
これもキャッシュフローコントロールのひとつです。
 
 
 
あなたはキャッシュフローコントロールしていますか?

キャッシュフローコントロールができるようになるには

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


コーヒーと本
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す




CAPTCHA