お金の世界で一番大事な言葉はキャッシュフローで、二番目に大事な言葉はレバレッジだ

シーソー
金持ち父さんはこう言っていた。「お金の世界で一番大事な言葉はキャッシュフローで、二番目に大事な言葉はレバレッジだ」また、「レバレッジこそが、金持ちになる人とそうでない人がいる理由だ」とも言っていた。
 
 
金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法 P.7
—–
 
 
 
キャッシュフロー理解してますか?
レバレッジ活用していますか?
 
 
 
キャッシュフロー(CF)って何?という方のために、、、
ざっくりいうと、収入から支出を引いて残ったお金のことを指します。
 
CF=収入-支出
 
例えばビジネスの場合、売上が収入になります。その売上を上げるために何か物を仕入れたり、人に会ったりと活動したりなど経費がかかります。この経費が支出となります。つまりビジネスの場合、
 
CF=売上-経費
 
ですね。
 
 
 
ある人:
収入1,000万円です。
 
僕:
CFはどれだけですか?
 
ある人:
???
 
僕:
では経費はいくらですか?
 
ある人:
???
 
 
この人、CFのことがわかっていない人です。
CFのことがわかっていないと、どうなると思いますか?
 
 
 
こんなことが起こったりします。
 
売上(収入):1,000万円
経費(支出):2,000万円
CF:-1,000万円
 
1,000万円の赤字だぁ!
 
 
CFのことがわかっていないと、
 
ある人:
おれ収入1,000万円だぜぃ!
 
CFわからない人:
すげぇ-!
 
となります(笑)
 
 
実は収入1,000万円でも、支出が2,000万円、CF-1,000万円。
毎月毎月1,000万円払わないといけない。
 
すごいですか?
 
まぁ、2,000万円払って1,000万円もらってよしとしているので、ある意味すごいかもしれません(笑)
 
 
 
次にレバレッジです。
日本語では、「てこ」って言ったりします。てこの原理のてこです。
小さい力で大きな物を動かすのにてこの原理を利用したりします。
 
覚えてるでしょうか?
昔学校で支点、力点、作用点とかやったと思いますが、それです。
イメージでいったら、公園などにあるシーソーのような感じです。
 
 
お金持ちの人は、いろいろなレバレッジを活用しています。
 
お金のレバレッジ
人のレバレッジ
時間のレバレッジ
などなど。
 
代表的なのはお金のレバレッジです。
お金のレバレッジとは少ないお金で大きなお金を動かすことです。
 
 
例えば不動産。
 
価格:1,000万円
頭金:100万円
ローン:900万円
 
で買った場合、価格は1,000万円ですが、実際にあなたが払ったお金はいくらですか?
 
 
そう、頭金の100万円です。
 
 
価格の10分の1の金額です。
こういう場合、10倍のレバレッジという言い方をします。
 
 
お金持ちじゃない人も、実は結構お金のレバレッジは使っているんですね。
 
例えば、自動車。現金一括払いで買いますか?ほとんどの人がローンで買っています。
例えば、スマホ。現金5万~10万円出して買いましたか?ほとんどの人が実質0円とかいうキャッチコピーで月々のローンで買っています。
 
お金のレバレッジは知らないところで結構使っていたりします。
 
 
 
では、お金持ちの人と貧乏な人のお金のレバレッジの使い方の違いは何でしょうか?
 
 
 
これが重要ですねぇ。
これがわからなければお金持ちになるためにレバレッジを活用できません。
貧乏な人のお金のレバレッジ活用になってしまいます。
 
 
 
なんでしょうか?
 
 
 
そうです。
お金持ちの人は、プラスのキャッシュフローの物を買うのにお金のレバレッジを使います。
貧乏な人は、マイナスのキャッシュフローのものを買うのにお金のレバレッジを使います。
 
これが違いです。
 
式にすると、
 
 
 
お金持ち = プラスのキャッシュフロー × レバレッジ
貧乏   = マイナスのキャッシュフロー × レバレッジ
 
 
 
お金持ちはレバレッジを活用してプラスのキャッシュフローを増やします。
貧乏はレバレッジを活用してマイナスのキャッシュフローを増やします。
 
同じレバレッジを活用しても、キャッシュフローがプラスかマイナスかで大きく違います。
レバレッジが大きくなればなるほど、違いも大きくなります。
 
だから「お金の世界で一番大事な言葉はキャッシュフローで、二番目に大事な言葉はレバレッジだ」となります。
いくら大きなレバレッジが使えても、キャッシュフローがマイナスなら、マイナスが大きくなるだけです。
 
CF:-5万円
レバレッジ:10倍
 
-50万円 = -5万円 × 10倍
 
 
これがレバレッジ100倍になれば
 
-500万円 = -5万円 × 100倍
 
どんどんマイナスが大きくなります。
毎月毎月5万円払わないといけない携帯、何台持ちたいですか?
僕は一台も持ちたくないですね。
 
 
 
これがキャッシュフローがプラスだと、レバレッジをかければかけるほどプラスが大きくなります。
 
CF:5万円
レバレッジ:10倍
 
50万円 = 5万円 × 10倍
 
 
CF:5万円
レバレッジ:100倍
 
500万円 = 5万円 × 100倍
 
どんどんプラスが大きくなります。
毎月毎月5万円くれる不動産、何軒欲しいですか?
僕は何軒でも欲しいですね。
 
 
 
つまり、お金持ちになるには、
 
1.プラスのキャッシュフローの確認
2.レバレッジをかける
 
このステップになります。

プラスのキャッシュフローにレバレッジをかけてお金持ちになる

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


シーソー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す