金持ちになりたかったら、いい借金と悪い借金の違いを知らなければならない

親指でGoodBadのサイン
金持ちになりたかったら、いい借金と悪い借金の違いを知らなければならない


金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密 P.154
—–



僕は昔、

金持ちと借金は

全く縁がない
つながらない

ものだと思っていました。


金持ちは借金をしているはずがない!

と思っていました。


ところが、
お金の勉強をし、
金持ちのことがわかってくると、

そうではないということがわかりました。



金持ちは借金をいっぱいしている!



昔思っていたこととは
実は正反対でした。

ただし、
金持ちは、
借金は借金でも、



いい借金
悪い借金



の区別をつけています。
そして、

いい借金はいっぱいしていますが、
悪い借金はないです。



あなたも金持ちになるなら、
いい借金をいっぱいして下さい。



それでは、
いい借金と悪い借金の違いは何でしょうか?



悪い借金とは、、、

毎月でも毎日でも、
支出にしかならない借金です。

例えば、
クレジットカードで
パソコンを買ったとします。

30万円しました。

一括で払えないので、
リボルビング払いにしました。

毎月の支払は2万円です。
30回で払い終えたとして、
トータル60万円支払うことになります。

※カード会社によって利率が異なるので、
必ずしもこの通りではありません。

利子・手数料で30万円かかります。
相当かかりますね。

悪い借金です。


いい借金とは、、、

定期的にプラスのキャッシュフローが
発生する借金です。

例えば、
銀行に借金して不動産を購入しました。

毎月の支払は5万円です。
でも家賃収入が毎月8万円あります。

+8万円
-5万円
—–
+3万円

差し引き3万円のプラスが出ます。
3万円のキャッシュフローが発生します。

こういった借金はいい借金です。



金持ちは、
いい借金をどんどんします。

あなたも是非、
いい借金をしてください。

いい借金をする

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


親指でGoodBadのサイン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す