Eはシステムのために働く、、、

ふきだし
Eはシステムのために働く
Sは本人がシステムとなって働く
Bはシステムを作り出し、所有し、管理する
Iはシステムにお金を投資する

 
 
改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント p.193
—–
 
 
 
E(従業員)
S(自営業)
B(ビジネスオーナー)
I(投資家)
 
ですね。
 
 
僕はE、S、B、I、すべてから収入を得た経験があります。
 
そして、主にEとして収入を得ている時は、自然とEの人たちと関わることが多いし、
 
Sとして収入を得ている時は、Sの人たちと、
 
B、I、として収入を得ている時は、B、I、の人たちと関わりを持つことが多いです。
 
 
そこで気づいたことなのですが、
 
 
金持ち父さんの言うとおり、それぞれ話す言語が違うんですね。
 
 
Eの人は、English(英語)、
Sの人は、Spanish(スペイン語)、
Bの人は、Belgian(ベルギー=オランダ語)、
Iの人は、Italian(イタリア語)
 
バラバラなので、それはそれは通じません。
 

 

 

 

 

 

 

 
 
お気づきの通り、冗談で^^;)
 
 
 
 
 
もちろん日本人なので、E、S、B、I、全員、日本語で話します。
 
 
同じ日本語ですが、言葉や話題が違います。
 
 
例えば、
 
Eでしたら、
給料上がった下がったとか、
上司がうんたらかんたらとか、
この部署がどうたらかんたらとか、
 
Sでしたら、
先月のコミッション○○円だったとか、
この仕事は○○円だったら受けますとか、
昨日大口で○○円の契約とったとか、
 
Bでしたら、
こんな事業計画があるとか、
あの会社買いたいなとか、
こうやったら税金低く押さえられるとか、
 
Iでしたら、
その物件の利回りいくらとか、
それ手出し(頭金)なしでできないかとか、
毎月のキャッシュフローいくらとか、
 
 
あげればキリがないですが、まぁこんな感じ
です。
 
 
なぜこんなに話題の違いが出るのでしょうか?
 
 
金持ち父さんは、それは価値観が違うからと言っています。
 
 
 
で、重要なのは
 
あなたが将来、E、S、B、I、
どこにいたいか?
 
です。
 
 
今の価値観は関係ないです。
将来どの価値観になりたいか?
です。
 
 
そんなこと言っても、今Eの価値観しかないし、どうやったらBとかIの価値観になるのかわからない。
 
 
と思うかもしれません。
 
 
そういう場合は、まず言葉から変えてみてください。
 
Eの言葉ではなく、BとかIの言葉を使ってみてください。
 
意識して口から発する単語を変えてみてください。
 
 
言葉が変わる

習慣が変わる

行動が変わる

クワドラントが変わる
 
とつながっていきます。
 
 
 
え、BとかIの言葉がわからない?
 

B、I、の言葉を使えるようになるには

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


 
ふきだし
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す