目的の違う三つの貯金箱を持つように勧めた

豚の貯金箱
金持ち父さんは私に、いくつになっても貯金箱を持つべきだと教えてくれた。それも、一つだけでない。目的の違う三つの貯金箱を持つように勧めた。


金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密 P.144
—–



僕は子供の頃、
毎日10円貯金箱に入れていたことがあります。

数ヶ月して相当お金が貯まっていました。

それがうれしくてうれしくて。
今度は毎日100円入れていくことにしました。


数ヵ月後、、、


貯金箱は空になっていました。
さすがに毎日100円はきつかったようです。


僕が貯金箱に持っていたイメージは
お金を貯める

だけです。



あなたはどうでしょう?



金持ち父さんは目的の違う3つの貯金箱を
持つように勧めています。


1.チャリティー用

世界のお金持ちたちは、
寄付をしています。

それもお金持ちになる前からだそうです。

寄付をすると、
心が豊かになりますね。

この豊かになる気持ちが、
さらにお金を引き寄せるのかもしれません。


2.貯蓄用

これは一般的な貯金箱のイメージですね。
貯蓄用です。

万が一の時のための生活費を
とっておくためです。

ほとんど手をつけることがないお金です。


3.投資用

このお金でリスクをとって学習したり、
資産を買ったり構築するためのお金です。

僕はこの貯金箱にお金を入れるのが
大好きです(笑)

富を築くためのお金です。



多くの人が、
2.貯蓄用
に力を入れています。

金持ちは
3.投資用
に力を入れています。

だから金持ちになるためには、
投資用貯金箱にお金をいっぱい入れる必要があります。



あなたはどの貯金箱に力を入れていますか?



もちろん貯金箱というのは例えで、
実際には銀行口座でも大丈夫ですよ。
念のため。

投資用貯金箱に力を入れる

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


豚の貯金箱
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す