たいていの人が自分以外の人間を変えたい と思う。でも、よく覚えておくんだ。 ほかの誰を変えることより、自分自身を変え ることのほうがずっと簡単なんだ。

波紋
「たいていの人が自分以外の人間を変えたいと思う。でも、よく覚えておくんだ。
 
ほかの誰を変えることより、自分自身を変えることのほうがずっと簡単なんだ。」

 
 
改訂版 金持ち父さん貧乏父さん p.41
—–
 
 
 
僕がお金に興味を持ち、ビジネスや投資を実践し始めたとき、自分のまわりの人、特に親を変えたいと思っていました。
 
でも、親にいくら話しても、
 
危険だ
そんなうまい話あるわけない
あやしい
うまくいくわけない
 
で、話は平行線でした。
ちょっとでも話したらすぐに喧嘩状態です。
なんでわからないんだろう、と不思議でした。
 
 
これは僕が親を変えたいと思っていたからです。
 
 
ある時に、お世話になっている人から
 
 
親は子供に幸せになって欲しいに決まっている。
だからその心は感謝と共に受け取っておけばいい。
 
ただ、親と時代が違うから、親と同じことをやっていては幸せにはなれないよ。
 
親はそのことは知らない。
ただ、自分の知っている範囲で子供にアドバイスをしているだけ。
 
 
みたいなことを言われました。
 
 
なるほどなと思いました。
 
僕はお金の勉強をして、ビジネスや投資をする価値観になっている。
 
親はお金のことをほぼ全く知らない状態。
 
 
中学生(僕)が幼稚園児(親)に、
あの進学高校を受験しようと思っている。
 
と相談してるようなもんなんですね。
 
幼稚園児にそんな相談しても、
???ですね。
 
下手したらまだ赤ちゃんで、
「バブー」って返事が返ってくるだけです。
 
 
だから、ある時に、親を変えるのではなく、自分を変えようと思いはじめました。
 
 
ビジネスや投資を反対されたら、
 
心配してくれてありがとう
 
と思うようになりました。
 
 
そして、お金に関することはメンターのアドバイス通りにすることにしました。
 
まぁ、親に反対されるのが面倒くさい時は、事後報告にすることがよくあります(笑)
 
 
おそらく、自分を変えずに親を変えようとばかりしていたら、喧嘩ばかりして、最悪、親子の縁が切れていたかもしれません。
 
 
親だけでなく、パートナー(妻、夫、恋人)、友人に関しても同じだと思います。
 
 
周りを変えたいと思ったら、まずは自分が変わること。
 
自分が変われば、それが波紋のように周りにも広がっていくと思います。
 
 
 
波紋
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2014/02/25 @ ffyj

コメントを残す