コントロールの効かない投資にレバレッジを使うのは、ハンドルのない車を買ってアクセルペダルを踏み込むようなものだ。

アイススケート
コントロールの効かない投資にレバレッジを使うのは、ハンドルのない車を買ってアクセルペダルを踏み込むようなものだ。


金持ち父さんのファイナンシャルIQ P.146
—–



アイススケートしたことありますか?



僕はたまぁに無性にアイススケートがしたくなります。
子供の頃は冬になるとよく親に連れて行ってもらっていました。

ツルッツルの氷の上をスゥーーーッと滑るのは、
何とも言えず心地いい気持ちです。

特にリンクの端から端まで片足で滑りきった時の
やり切った感は、他では味わえません。

コーナーの出口に向ってスピードを上げていき、
コーナー終了と同時に最後の右足の蹴りを終えて勢いをつけ、
左足だけで体を支える。

両手は後ろに組み、右足は後ろに伸ばし、左足だけで滑る。
(さすがにイラストのようなフィギアスケート並には、、、)

なんとも優雅な気分になれます。



でも久しぶりに行くと、これすぐにできないんですよね。
慣れるまでに時間が少しかかります。

片足でバランスがとれませんし、
スピードを出すのがこわい。

なぜスピードを出すのが怖いのは、
キュッと止まったり、サッと曲がったりできないからですね。
人とぶつかったり、壁に激突するのが怖いです。

止まったり曲がったりがスイスイできるようになると、
人をサッとかわしたり、壁にぶつからなくてすみます。
だからスピードを上げることができます。


リンクの端から端まで片足で滑りきるには、
結構勢いをつけなくてはいけません。
勢いをつけるにはスピードを上げなければいけません。

だから久しぶりだと、慣れてないので、
スピードをあげられず、しばらく慣れるのに時間がかかります。

久しぶりだと、



コントロール



ができない状態です。
止まれないし曲がれないしバランスが取れない。

誰か止めてぇ~っと叫びながら壁に激突
とまではいきませんが(笑)

コントロールが効かず、止まれない曲がれない状態だと
スピードを出すのが怖いですね。


これ投資にもあてはまります。

コントロールが自分でできない投資には
怖くてお金を突っ込むことができません。

逆にコントロールができる投資には、
思い切ってお金を突っ込むことができます。

いつでもキュっと止まれるし、
やばいと思ったらサッと曲がれるし、
そんな状態ならガンガンスピードを上げていけます。



投資のレバレッジは
スケートでいうスピードみたいなものです。

スケートならコントロールできるなら
どんどんスピードを上げて楽しめます。

コントロールできないなら、スピードを上げると、
壁に激突したり人とぶつかったりなど事故を起こします。


投資なら、コントロールできるものなら、
どんどんレバレッジをかけてプラスを大きくできます。

コントロールできないなら、レバレッジをかけると
どんどんマイナスが膨らんでいきます。


不動産の場合、
プラスのキャッシュフローを生むようにコントロールできる物件なら、
レバレッジ、この場合は銀行からの借金ですが、をかけて投資するとプラスを早くだせます。
その分、お金持ちになるのが早くなります。

逆にコントロールできないなら、
銀行から借金すると、余計にマイナスが大きくなります。


だから、レバレッジをかける場合、
コントロールできるようにしましょう。


ハンドルがない車では怖くてアクセルが踏み込めません。
ブレーキがない車でも同様です。
コントロールを失った車を運転するのは事故を起こすのは目に見えています。



今回は

ファイナンシャルIQ① より多くのお金を稼ぐ
ファイナンシャルIQ② 自分のお金を守る
ファイナンシャルIQ③ 予算を立てる
ファイナンシャルIQ④ レバレッジ(テコの作用)を効かせる
ファイナンシャルIQ⑤ 情報の質を上げる

の内の、
ファイナンシャルIQ④ レバレッジ(テコの作用)を効かせる
でした。



レバレッジは非常に便利ですが、
その前に投資対象がどれだけコントロールできるか、
知るようにしてください。

コントロールできればできるほど
リスクが下がりリターンが上がります。

コントロールできる投資を知る

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


アイススケート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す