たいていの人は「いい所得」と「悪い所得」があることに気付いていない

いい悪いを選ぶ
たいていの人は「いい所得」と「悪い所得」があることに気付いていない。そして、悪い所得のためにせっせと働いているから金持ちになれない。
 
 
金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法 P.106
—–
 
 
 
あなたは「いい所得」を得ていますか?
それとも「悪い所得」を得ていますか?
 
 
 
人を騙して収入を得ているわけじゃないからいいい所得です。
銀行強盗して得たお金じゃないからいい所得です。
毎日会社で一生懸命働いて得た給料だからいい所得です。
 
っていう回答が聞こえてきそうです。
まぁ確かにそうなんですが、、、
ここでは、お金持ちになるための「いい所得」と「悪い所得」です。
 
 
僕はこの「いい所得」と「悪い所得」の違いを知り、
いい所得を得ることに集中したおかげで、
 
サラリーマンをやめることができました。
好きな仕事ができるようになりました。
自由な時間がいっぱいもてるようになりました。
 
そして今でもこの「いい所得」を得ることにフォーカスしています。
 
 
僕に限らず、幸せな経済自由人たちはこのいい所得にフォーカスしています。
僕はその先人たちの真似をしただけです。
あなたも幸せな経済自由人になりたいなら、先人の知恵を借りて、真似をしてください。
 
 
 
では、お金持ちになるための「いい所得」と「悪い所得」とは何でしょうか?
 
 
 
金持ち父さんによると、所得は以下の3つに分けられます。
 
1.勤労所得
2.ポートフォリオ所得
3.不労所得
 
 
1.勤労所得
これはあなたがお金のために働いて得る所得です。主に給料という形での所得です。
昇給やボーナス、残業手当て、などもそうです。
 
2.ポートフォリオ所得
株式や債券、投資信託などの紙の資産から入る所得です。
 
3.不労所得
一般に不動産から入る所得です。特許の使用量や歌曲、著作、その他知的財産から得られる印税もこの所得に含まれます。
 
 
 
この中でいい所得と悪い所得はどれでしょうか?
 
 
 
一番いいものから順に、
 
3.不労所得
2.ポートフォリオ所得
1.勤労所得
 
となります。
 
 
 
えぇ、給料って悪い所得なの?
 
 
 
そうです。最悪です(笑)
もちろん金持ちになるためには、という目的でです。
 
 
 
では、どうして勤労所得は悪い所得なのでしょうか?
 
 
 
それは、以下のような理由だからです。
○一番税金が高くて、しかも税金の額や支払時期を全くコントロールできない。
○自分がせっせと働かなくてはならず、そのために貴重な時間がとられる。
○レバレッジがほとんど効かず、この所得を増やすためには労働時間を増やすしかない。
○残存価値がない。つまり1回の労働に対し1回の収入しかないから。
 
それでは、不労所得はなぜよいのでしょうか?
それは、以下のような理由です。
○税金が最も少なく、コントロールできる。
○必要な労働量が少ない。貴重な時間がとられない。
○働く時間が少ないからより多くの人にサービスできる。
○長期にわたり何度も収入をもたらしてくれる。
 
 
全く正反対ですね。
 
 
 
僕も不労所得を上記の理由から気に入っています。
そして収入を増やす場合、この不労所得を増やそうとします。
 
なぜなら経済自由人たちがみなそうしているからです。
 
 
高給取りでお金の使い方が派手(高級車に乗っていたり、大きい家に住んでいたり)で、
一見お金持ちに見えそうな人がいますが、こういう人はたいてい仕事で忙しくて
時間がなかったりします。
 
僕はそんなライフスタイルが嫌なので、高給取りには興味がありません。
不労所得が一番です。
 
 
 
あなたは「いい所得」と「悪い所得」どちらがいいですか?
 

いい所得を得る

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


いい悪いを選ぶ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2014/11/22 @ ffyj

コメントを残す