プロの投資家は三つのことを知る必要がある

パーキング
金持ち父さんはこう言った。「プロの投資家は三つのことを知る必要がある。いつ市場に入るか、いつ市場から出るか、そして、どうやって自分のお金をテーブルから引き上げるかだ。アマチュアの投資家は自分のお金をテーブルの上にずっと置いておいて、結局は全部損してしまう」
 
 
金持ち父さんのパワー投資術 P.168
—–
 
 
 
金持ち父さんの教えに従い、
僕は以下のようにすることを心がけています。
 
 
 
1.自分のお金を資産に投資する
2.投資したお金を取り戻す
3.資産をコントロールする力を維持し続ける
4.自分のお金を新しい資産に投資する
5.投資したお金を取り戻す
6.以上のプロセスを繰り返す
 
 
例えば、株に自己資金100万円投資したとします。
(1.自分のお金を資産に投資する)
 
僕はこの100万円を早く取り戻そうとします。
100万円儲けて、合計200万円になりました。
 
ここで200万円の内、100万円引き出します。
最初の自己資金100万円を取り戻しました。
(2.投資したお金を取り戻す)
 
残りの100万円で株を続けます。
この100万円はなくなったとしても、痛くも痒くもありません。
もう自己資金は取り戻していますからね。
もちろん利益を出し続けるように投資しますが、、、
(3.資産をコントロールする力を維持し続ける)
 
取り戻した自己資金100万円は別の資産、
例えばFXに使います。
(4.自分のお金を新しい資産に投資する)
 
FXでも利益を100万円あげて合計200万円にします。
そして100万円引き出します。
(5.投資したお金を取り戻す)
 
そしてまた別の資産に100万円を、、、
(6.以上のプロセスを繰り返す)
 
 
といったことをしています。
 
つまり、
 
 
 
自分のお金はさっさと回収して、
他人のお金で投資を続ける
 
 
 
ということをしています。
 
このコンセプトを理解し、実践すると、
桁違いな速さで資産が増えていきます。
 
 
 
こういうことをやっていない多くの人は、
次のようなことをやっています。
 
毎月の給料から5万円を投資信託購入にあてる。
 
 
 
どちらの方が効率がいいですかね?
 
 
 
現在FFYJではもう一歩進めて、
次のようなコンセプトで投資をしています。
 
 
 
初めから他人のお金で投資をする
 
 
 
どういうことかというと、
 
頭金0円で不動産を購入します。
つまり銀行のお金(他人のお金)を使います。
 
不動産からの収益で別の資産に投資します。
例えば年間30%~40%でまわるヘッジファンドなどです。
 
 
 
この手法の利点は、
自己資金がいらないということです。
 
初めからすべて銀行のお金を使って投資できます。
自己資金(100万円など)を作る時間をカットできます。
その分金持ちになるのが早くなります。
 
 
 
多くの人はずっと投資信託に資金を入れたままです。
つまりテーブルの上にお金を置きっぱなしにしておいて、
暴落と同時にお金を失います。
 
 
一方、金持ち父さんのコンセプトだと、
自分のお金はさっさとテーブルから引き上げます。
あとは他人のお金でゲームを続けます。
暴落が起きようとどうってことありません。
 
引き上げたお金は別のお買い得な資産、
ビジネス、不動産、紙の資産のどれかに投資します。
 
どんどん他人のお金で自分の資産を増やしていけます。
これも一種のレバレッジですね。
 
 
 
金持ち父さんのコンセプトで気をつけることは、
 
いつ市場に入るか
いつ市場から出るか
どうやって自分のお金をテーブルから引き上げるか
 
です。
 
 
Q:
いつ市場に入るか
 
A:
お買い得サインが出たとき
 
Q:
いつ市場から出るか
 
A:
撤退サインが出たとき
 
Q:
どうやって自分のお金をテーブルから引き上げるか
 
A:
はやく自己資金を取り戻す
 
 
 
まとめると、
 
プロの投資家は入口戦略、出口戦略をあらかじめ決めています。
それに従って投資をしています。
そして一刻も早く自己資金を取り戻そうとします。
お金を高速で動かしています。
お金を働かせています。
 
多くの人は出口戦略がありません。
ずっとお金を置きっぱなしです。
そして市場の暴落と同時にお金を失います。
お金を駐車させています。
お金を怠けさせています。
 
 
 
入口戦略
出口戦略
自己資金を取り戻す
 
重要です。
 

金持ち父さんのコンセプトを学ぶ

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


パーキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2015/01/17 @ ffyj

コメントを残す




コメント