これほど多くの人が投資でお金を失ったり、投資は危険だと思っている理由の一つ

黒牛
これほど多くの人が投資でお金を失ったり、投資は危険だと思っている理由の一つは、食肉用の牛を飼育している牧場主のような投資の仕方をしているからだ。彼らは乳を搾るためではなく肉を利用するために投資している。
 
 
金持ち父さんのパワー投資術 P.64
—–
 
 
 
僕は昔バイクに乗ってよく旅行していました。
 
 
 
北九州の友人宅に遊びに行った時のことです。
おいしい地鶏を食べられる店があるとのことで、
連れて行ってもらいました。
 
そこにはのどかな田園風景が広がっていて、
空気もおいしく、のんびり暮らすにはもってこいの場所です。
 
木造のわらぶき屋根の家が建っていて、
そこがお店になっていました。
 
メニューは地鶏のみ。
人数分頼みました。
 
 
しばらくすると、
 
コケーっと声が聞こえてきました。
 
もしや、、、
 
 
この店に入る時に、庭に鶏が放し飼いになっていました。
それをさばいているのか、、、
 
鶏が出てきました。
さっきまであんなに元気に走り回っていたのに、、、
こんな駒切り姿になって、、、
 
涙が出るほどおいしかったです。
 
 
 
北海道の摩周湖に旅行に行った時のことです。
 
摩周湖は霧が有名なのですが、夜になると霧が晴れて、
湖面一面に空の星が鏡のように映っていて、
 
下を見ながら星空をみることができるという、
ロマンチックなデートにもってこいの場所です。
 
 
僕が行ったときも、運良く晴れてくれて、
湖面に星空が映っていました。
 
そのきれいなこと、、、
 
湖面を天の川が横断していて、
何か別の世界にいるようでした。
 
 
その次の日、
早起きして牛の乳搾り体験に出かけました。
 
初めてだったので、やり方を簡単に教えてもらい、
いざ実践。
 
結構むずかしいですね。
何度かトライして、やっとできるようになりました。
 
一度コツをつかむと簡単です。
これでもかってくらい搾りました(笑)
 
 
搾った牛乳の旨いこと。
 
くせになりそうです。
 
 
 
さて、多くの人は、投資と言うと、
上記の地鶏屋のようにしています。
 
鶏をまるまると太らせ、
ころあいを見てさばく。
 
キャピタルゲインを目的とする投資家です。
 
株を買って、値上がりするのを待って、
ころあいを見て売る。
 
ってことですね。
 
 
金持ち父さんは
牛の乳搾りのように投資しています。
 
乳牛を飼い、
毎日乳を搾る。
 
キャッシュフローを目的とする投資家です。
 
不動産を買って、
毎月の家賃収入を得る。
 
ってことです。
 
 
 
キャピタルゲイン目的に投資しているのか、
キャッシュフロー目的に投資しているのか、
話す内容や使う言葉からわかります。
 
純資産が増えた
持ち家の評価額が上がった
一株1000円で買った株が5000円に上がったので売った。
家を買い修理して売って200万円儲けた
あの会社は収益が増えているから株価も上がるだろう
 
こういった言い方をしている人は
キャピタルゲイン目的で投資をしています。
 
 
反対にキャッシュフロー目的だと
 
この物件、経費を全部引いたあとのリターンはどれくらいか
この株は一株当り1000円の配当がある
減価償却から得られる利益も計算しているか
この社債は10%の利率だ
FXで毎日スワップを受け取っている
 
といった言い方をしています。
 
 
 
では、どちらがいいのでしょうか?
 
 
 
経済自由人になるなら、
キャッシュフロー目的の投資です。
 
ギャンブルがしたいなら、
キャピタルゲイン目的です。
 
 
 
僕はもちろんキャッシュフロー目的で投資しています。
 
 
 
なぜならキャッシュフロー目的の投資だと、
定期的にいくら入ってくるのか、わかります。
 
来月家賃いくら入ってくるか、わかります。
毎年株の配当いくらになるのか、わかります。
 
 
キャピタルゲイン目的だと、
いつ儲かるのかわかりません。
 
不動産がいつ値上がりするか値下がりするかわかりません。
株価がいつ上がるのか下がるのかわかりません。
 
わからないものにお金を使うなんて、
リスクが高すぎます。
 
 
 
だから、経済自由人になりたいのなら、
食肉用の牛を飼ってさばいて肉にするのではなく、
酪農家のように乳牛を飼って乳を搾るような思考をしましょう。
 

キャッシュフロー目的の投資をする

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


黒牛
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す