事実と意見と原理の違いを知る必要がある

ダーツ
金持ち父さんはこう言った。「情報を管理するにあたっては、事実と意見と原理の違いを知る必要がある」
 
 
金持ち父さんのパワー投資術 P.148
—–
 
 
 
現在は情報で溢れかえっています。
インターネットで検索すると調べられないことはないくらいです。
 
例えば、Googleで投資と調べると、、、
約 128,000,000 件ヒットしました。
 
世の中投資情報で溢れかえってますね(笑)
でも、
 
 
 
投資で儲けている人はどれくらいいるでしょうか?
 
 
 
おそらく儲けている人の方が圧倒的に少ないでしょう。
それはなぜかと言うと、
 
事実
意見
原理
 
の違いを知らない人が多いからです。
 
多くの人はこれらの違いがわかりません。
そして投資で損をします。
 
優れた投資家はこの違いをきちんと見分けます。
そして利益を出します。
 
 
 
それでは、
 
事実
意見
原理
 
の違いは何でしょうか?
 
 
 
以前の記事で、
ファイナンシャル教育を含め、富を築くためには、
 
1.稼ぐ
2.管理する
3.レバレッジを効かせる
4.保護する
5.出る
 
を学ぶ必要があると書きました。
 
2.管理する、は
お金の管理だけでなく、情報の管理も含まれます。
 
優れた投資家は情報の管理を徹底しています。
そして情報を管理する方法として、
 
事実
意見
原理
 
の違いをすばやく見分けます。
 
見分けるためにまずそれぞれの定義を見てみましょう。
金持ち父さんによると次のように定義されています。
 
 
●事実
何らかの証拠によって存在が証明できるもの
 
今日は昨日よりもドル高円安だ。
チャートを見るなりして証明できます。
これは事実です。
 
 
●意見
事実に基づいている場合も、そうでない場合もあり得るもの
 
明日は今日よりもドル高円安だ。
これはまだ起こっていないことです。
事実に基づいていない意見です。
 
 
●原理
例外なく、どんな場合にも正しいもの
 
ドルの需要が円よりも高まるとドル高円安になる。
需要と供給の関係で市場は成り立っています。
原理です。
 
 
 
情報を得たときに、この違いを見分けることができるでしょうか?
 
 
 
原理なら例外なく正しいので、
それに沿っていれば問題ありません。
原理に反していれば失敗するでしょう。
 
ちなみに金持ちには金持ちになるための原理を知っているので金持ちです。
普通の人は原理をしらないので金持ちではないです。
 
 
事実かどうかは調べればわかりますね。
 
 
問題は意見です。
多くの人がこの意見に惑わされています。
 
ビジネスは危険だ
不動産投資は儲かる
明日は株価が上がる
買って持ち続け分散投資をしろ
サラリーマンが安全だ
大企業だから安泰だ
 
全部意見です。
 
 
そしてこの意見を聞いて、
勉強した気になっている人も多くいます。
 
株価は長期でみると上がるので買って持ち続け分散投資をしろ
って意見に従って資産運用を投資信託の積立に頼っている人が多いです。
 
東南アジアの不動産が将来値上がりする
って意見に従って飛びついている人が多いです。
 
そして失敗します。
 
 
 
優れた投資家はこの事実、意見、原理をしっかりと見分けます。
学習するときも原理を学びます。
 
お金の原理
ビジネスの原理
投資の原理
 
を学びます。
 
 
例えば、投資には、キャピタルゲイン目的とキャッシュフロー目的の2つがある。
これは原理です。
 
キャピタルゲインは将来上がることを期待して投資します。
自分が値上がりすると信じたもの、誰かからそう言われたものに投資します。
意見に基づいています。
 
キャッシュフローは現在の状態を調べ、プラスのキャッシュフローを得ることができるとして投資します。
事実に基づいています。
 
 
簡単に言うと、
キャピタルゲインは将来の経済状態について
キャッシュフローは現在の経済状態について
です。
 
どちらも大事です。
 
 
 
多くの人は意見だけに従って金儲けをしようとするのでうまくいきません。
たまにうまくいったとしても、すぐに失ってしまいます。
 
意見だけに基づいていたらギャンブルと対して変わりません。
株価が上がるか下がるかをダーツを投げて決めているようなものです。
 
 
 
金持ちになるためには、情報管理が大切です。
事実、意見、原理の違いを見分けられるようになりましょう。
 
そして、学ぶ時は原理を学びましょう。
 
 
 
 

お金の原理

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


ダーツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2015/01/15 @ ffyj

コメントを残す