チャンスが目の前に現れた時、それを利用するのに必要な教育も経験も持っていて、準備がしっかりできていたからだ

チャンスをつかむ
「あの人は運がよかったんだ。ちょうどいい時にちょうどいい場所にいたんだから」よくそんな言葉を耳にするが、もっと正確な言い方はこうだと思う。「あの人は運がよかった。なぜなら、チャンスが目の前に現れた時、それを利用するのに必要な教育も経験も持っていて、準備がしっかりできていたからだ」
 
 
金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法 P.64
—–
 
 
 
あなたは目の前のチャンスをつかんだことがありますか?
 
 
 
僕はチャンスをつかんだこともあるし、つかみそこなったこともあります。
まぁ、数でいったらつかみそこなったことの方が多いですね。
 
例えば不動産投資。
これは圧倒的につかみそこなった方が多いです。
準備ができていないことが多いからです。
 
不動産投資するには融資をうけた方がいい投資ができる場合が多いです。
で、その融資がうまく準備できていない。
融資先をうまく見つけられなかったなど。
 
それで過去、何軒いい物件を逃したかわかりません。
 
 
他にもFXなど、最近では暗号通貨がらみの案件。
こちらの方が不動産に比べたら圧倒的に情報を耳にします。
 
ですが、僕の基準に合わないものがほとんどなので、100案件あれば2,3件やるくらいの割合です。
こちらはまず融資がおりないので、自己資金でやることになりますが、
ちょうどいいタイミングで資金があることの方が稀なので、結局この2,3件もやらない場合が多いです。
 
何にしろ、いい案件に出会えたときに準備ができていなくて見送らざるを得ないときは、
 
 
 
あぁ準備しておけば今頃は、、、
 
 
 
と思ってしまいます。
最近ですと、1,000万円くらいのいい物件情報を得たのに準備不足で見送りました。
 
 
 
あぁ今手元に1,000万円あれば、、、
 
 
 
って言っても仕方がないので、次に備えるだけです。
で、こういったチャンスを活かすにも大切なことは、自分への投資ですね。
常日頃から時間をかけて自分に教育をしているかです。
 
例えば、お金の教育をして、投資の勉強をしていると、
世の中はチャンスで溢れかえっている。
これも買いたいしあれも買いたい。
 
ってなりますが、投資の勉強をしていないと、
同じ情報を得ても、スルーです。
チャンスかどうかも全くわかりません。
 
 
 
だから僕は常日頃からお金の勉強をして、目の前をチャンスが通った時に、
チャンスだ!とつかめるような体制にはしています。
 
ただ、つかめるための準備がすべて整っているかどうかは場合により異なります。
運良く準備が整っていたらつかめるでしょう。
 
自分に時間を投資せずに勉強をしていないと、まずチャンスが見えません。
これだけは避けるように心がけています。
 
 
 
まぁ、それでもまだまだ見逃しているチャンスはいっぱいあると思います。
だからお金の勉強は楽しくてやめられません。
まだまだ知らないことがいっぱいありますし、知れば知るほど新しいことが知りたくなります。
 
 
 
お金は一生かけて学び続けるテーマですね。

お金の教育

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


チャンスをつかむ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2014/11/17 @ ffyj

コメントを残す