金持ち父さんは 「中流以下の人はお金のために働き、金持ち は自分のためにお金を働かせる。 お金が実際に存在すると思う気持ちが強けれ ば強いほど、お金のために一生懸命に働く。 お金は実際には存在しないものだとわかれば 、早く金持ちになれる」 とよく言っていた。

働く
金持ち父さんは

「中流以下の人はお金のために働き、金持ちは自分のためにお金を働かせる。
 
お金が実際に存在すると思う気持ちが強ければ強いほど、お金のために一生懸命に働く。
 
お金は実際には存在しないものだとわかれば、早く金持ちになれる」
 
とよく言っていた。

 
 
改訂版 金持ち父さん貧乏父さん p.140
—–
 
 
 
お金のために働いていたら、たいした額は稼げません。
 
僕は学生時代、アルバイトをして、お金を稼ぎ始めました。
 
 
その時は、
 
働いた分だけお金がもらえるって、なんてすばらしいんだろう!
 
って思いで、いっぱい働きました。
 
 
ピーク時は3つのアルバイトをかけもちして、
10:00~17:00 百貨店で荷物運び、梱包
17:30~22:00 レストランでウェイター
23:00~06:00 深夜コンビニ
 
今から振り返るとアホですね(笑)
 
これだけ働くと、まわりの友達よりも、もちろん稼いでいました。
月30万円こえていたと思います。
 
ただ、お察しのとおり、遊ぶ時間どころか寝る時間もありません。
 
 
そしてある時に気付きます。
 
30万円少な!!(笑)
 
 
寝る間も惜しんで働いても月30万円って。
 
もちろん学生のバイトなので時給もせいぜい1,000円でそんなに高くないです。
 
 
ただ、
時給2,000円になったとしても月60万円
時給3,000円になったとしても月90万円
 
寝る間を惜しんで働いてもせいぜいこんなもんです。
 
 
学生の時のこの経験から、
 
お金のための労働では、稼げる額はたかがしれているな
 
と思うようになりました。
 
 
なので、自分のためにお金を働かせることに興味を持ち始めました。
 
 
もちろん、食っていくにはお金のために働く時期が必要な場合が多いです。
 
ただ、そういう場合でも、お金を自分のために働かせる情報を集めていると、方法は見つかるものです。
 
お金のために働きながらも、常にお金を自分のために働かせることを考えておくことが重要です。
 
 
僕は、そのおかげで今では不動産、株、FXなどなど、
 
お金を自分のために働かせることができるようになっています。
 
ほうっておいても資産が勝手にふくらんでいく域にはまだ達していないので、実践しながらまだまだ学んでいます。
 
 
 
それでは、何のために働くかというと、、、
以前の記事でも紹介しましたね。
 
金持ち父さんの六つの教え
http://ff-yj.com/?p=409
 
第六の教え お金のためではなく学ぶために働く
です。
 
自分のスキルアップや成長のために働いてください。
 
 
 
次回は、お金とは?
について書こうと思います。
 
 
 
働く
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2014/04/04 @ ffyj

コメントを残す