人生で大事なのはどれだけのお金を稼げるか ではなく、どれだけのお金を持ち続けること ができるかだ。

お金を持つ
人生で大事なのはどれだけのお金を稼げるかではなく、どれだけのお金を持ち続けることができるかだ。
 
だが、これに気づいている人は少ない。

 
 
改訂版 金持ち父さん貧乏父さん p.74
—–
 
 
 
稼ぐことはもちろん重要です。
 
全く収入がない人よりも、月100万円の収入がある人の方が早く富を築くことができます。
 
ただ、いくら稼げるかよりも、いくら持ち続けることができるかの方が重要です。
 
 
月100万円稼いでも、毎月すべて飲み代に消えていては、キャッシュフローは、全く収入がない人と変わりありません。
 
 
例えば、
宝くじに当たって、大金持ちになったかと思うと、またすぐにお金に困るようになっている。
 
20代で年俸数千万稼ぐプロスポーツ選手が30代では一般以下の生活をしている。
 
といった話をよく聞きます。
 
 
こういう人は、稼いだお金を持ち続けることをしていないからですね。
 
 
では、どうしたらいいでしょうか?
 
 
これを読んでいるあなたならもうわかりますね。
 
 
資産と負債の違いを知り、稼いだお金を資産に変えておく。
 
 
これだけです。
 
 
お金を長く持ち続けるには資産に変えておくのが一番です。
 
 
銀行預金はどうか?
 
と思うかもしれませんが、インフレに負けて価値が下がるので、やめた方がいいです。
 
 
資産と負債の違いがわからない人は、、、
 
過去記事にも書いてます。
 
改訂版 金持ち父さん貧乏父さん p.80 にも書いています。
 
 
 
お金を持つ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2014/02/28 @ ffyj

コメントを残す