キャッシュフローゲームで学ぶ不動産投資2つの目的

不動産2つの目的
キャッシュフローゲームに出てくる
不動産案件 売り家 3Br/2Ba を例にしています。

この記事を読むと、
不動産投資には2つの目的があることが
わかります。



キャッシュフローゲームで、
Small Deals(小さい案件) のカードの中に
売り家 3Br/2Ba というものがあります。

Small Deal 売り家 3Br/2Ba

売り家 3Br/2Ba
価格 $50,000
頭金 $3,000
ローン $47,000
キャッシュフロー +$100
ROI 40%
$65,000~$135,000で売れる可能性あり




3Br/2Baというのは
3ベッドルーム/2バスルームの略です。

例えばこんな感じの家です。

3Br/2Ba 間取り
3Br/2Ba 外観
注)この家は頭金$3,000で買えません

キッチン、ダイニング、リビングがあり、
ベッドルームが3室、そしてバスルームが2室。

日本の表現にすると、
3LDKのような感じです。

日本ではバスルームが2つある
3LDKはなかなかありませんが…

ちょっと広めの
マンションみたいなイメージでしょうか?


アメリカの場合は、
マンションタイプではなく、
1件屋タイプで多いようです。

先ほどの例はシンプルな3Br/2Baですが、
他にも

3Br/2Ba 2 間取り
3Br/2Ba 2 外観
注)この家は頭金$3,000で買えません

のような家もあります。

車2台分のガレージがついています。
さらに家よりも広い庭もあります。

アメリカは土地が広いから
このレベルでも平屋です…

日本だとまず
2階建てになるでしょう(笑)



さて話をキャッシュフローゲームに戻して、

この案件、
頭金の$3,000を払うと
手に入れることができます。



あなた自身が住む場合は

ベランダが南向きで日当たりがいい
各部屋にはクローゼットもついていて
収納スペースも完璧!

子供2人いるから
これだと子供それぞれに
部屋を用意できる。

庭も広いし
住むには最高

これは買うしかない!!

という判断で
買うかもしれません。



でも投資案件として買う場合は、
違う基準が必要です。

その基準は
2つの数字を見る

ということです。

キャッシュフローゲームで学ぶ不動産投資でみるべき2つの数字
でも書いていますが、

2つの数字とは
ROIと価格です。


この案件、

1つ目のROIは40%です。
キャッシュフロー(家賃収入)目的の
投資をしたい時に重要視する数字です。

ROIというのは

1年間で
あなたが払った金額の
何%が入ってくるか?

です。

支払う金額は頭金$3,000
ROI 40%なので

1年間で
$3,000 x 0.4 = $1,200
入ってくるということになります。

この案件を持って
うまく運用している限り

毎年$1,200入るということです。
悪くないですね☆



2つ目の価格
この案件は$50,000です。

キャピタルゲイン(売買益)目的の
投資をしたい時に重要視する数字です。

$65,000~$135,000で売れる可能性あり
とあります。

買値$50,000
売値$65,000~$135,000

$15,000~$85,000の
利益が出る可能性があります。

いつ売れるかわかりませんが、
売れたらなかなかの金額になります。



ここまでで、
不動産投資には2つの目的がある
ということがわかりました。

キャピタルゲイン(売買益)目的
キャッシュフロー(家賃収入)目的

です。



ここで重要なのは、

この案件、
あなたがラットレースを早く抜けるためには

買った方がいいのか?
買わない方がいいのか?

です。


さらに、

キャッシュフローゲームで学ぶ不動産投資でみるべき2つの数字
で挙げた コンドミニアム 2Br/1Ba
とどっちがいいのか?

そもそも
どういう違いがあるのか?



2つの案件を比べると

2Br/1Ba3Br/2Ba
価格$40,000$50,000
頭金$4,000$3,000
売値$45,000~$65,000$65,000~$135,000
ROI42%40%
キャッシュフロー+$140+$100

キャッシュフロー(家賃収入)では
コンドミニアム 2Br/1Ba の方がよいです。
ROIが高く、キャッシュフローの額も大きいです。

キャピタルゲイン(売買益)では、
今回の案件、3Br/2Ba の方がよいです。



ですので、
買った方がいいのか?
に対する答えは

あなたが
ラットレースを早く抜けるためには

キャッシュフロー(家賃収入)
キャピタルゲイン(売買益)

今、どちらの投資をしたらいいのか?

で変わってきます。


キャッシュフロー(家賃収入)が欲しいなら
コンドミニアム 2Br/1Ba を買えばいい。

キャピタルゲイン(売買益)が欲しいなら
3Br/2Ba を買えばいい。



あなたが今
キャッシュフロー(家賃収入)が欲しいのか?
キャピタルゲイン(売買益)が欲しいのか?

これがわからないと
判断できないことになります。



キャッシュフローゲームをやると
あなたは今

キャッシュフロー(家賃収入)が欲しいのか?
キャピタルゲイン(売買益)が欲しいのか?

がわかるようになります。

それを現実世界にもいかして
同じようにすれば
ラットレースを抜けることができます。


不動産2つの目的
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す