金持ちになりたかったら、まず道具を最新のものにしなくてはいけない

ノートとペンで執筆
言葉は頭が使う道具だ。これほどたくさんの人がお金のことで苦労しているのは、自分の頭に、古くてスピードの遅い、時代遅れの道具を与えているからだ。金持ちになりたかったら、まず道具を最新のものにしなくてはいけない
 
 
金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法 P.165
—–
 
 
 
僕は今この記事を何を使って書いているでしょうか?
 
ペンとノート?
パソコン?
スマホ?
 
正解は、スマホです。
スマホで一生懸命フリックしながら書いています。「あ」のボタンをタップしたら左に「い」上に「う」右に「え」下に「お」が出るあれです。
 
ふと思ったのですが、スマホをフリックする姿って何か奇妙ですね。20年前、まだスマホがない時代の人がこれを見ると、
 
 
小さい箱についた汚れを払っているのかな、ずっと同じことやってるけど汚れなかなかとれないみたいだな、よっぽど頑固な汚れだな、まだやってるよ、ティッシュで拭き取ったらいいのに、、、
 
 
みたいなことを思ったかもしれません。それだけ奇妙な行動です。
 
 
 
スマホのフリックでこれだけ話をしていて何なんですが、この記事、確かにスマホを使って書いていますが、実はキーボードも使っています。
 
僕はフリックが遅いので、これだけの記事を書くには、フリックではイライラがつのるばかりです。ストレスです。やはりキーボードが必要です。
 
ということで、正解はスマホとキーボードを使って書いているでした。
 
 
 
正解したあなたには、、、
 
 
 
特に何もないんですけどね(笑)
 
 
 
こういう記事のような文章だけならスマホとBluetoothのキーボードが一番使い勝手がいいです。ノートパソコン持ち歩くよりも軽いです。特にこの記事は金持ち父さん名言集なので、本も持ち歩いています。ノートパソコンと本、両方持ち歩いたら軽く2Kgほどになります。結構重い。金持ちとうさんシリーズの本は本当に分厚くて重いですね。
 
その点、スマホ、キーボード、本ならほとんど気になりません。スマホはいつもポケットにいれて持ち歩いてますし、本もたいていカバンに一冊は入っています。あとは軽いキーボードを入れたら、それでOK。カフェにフラッと出かけて記事の執筆ができます。まるで作家気分で(たまに締切に追われる漫画家気分にもなりますが、、、)サクサク文章が書けます。
 
 
これが5年ほど前ならノートパソコンでしたが、今はスマホとキーボードがあればどこでも執筆できます。時代の流れはすごいですね。
 
僕のようなスタイルなら今のところ、スマホ+キーボード、最強です。最新の道具です。スマホを使いこなしている人と、今だにノートとペンだけの人とを比べると、情報発信のスピードは天と地ほどの差があるでしょう。
 
例えば、Facebook。
スマホで見て、いいねとか、コメントとかする方が手紙を書いてポストに投函よりも圧倒的に楽ですし早いです。手紙で3日後に、あれいいね、って届いても、何のこっちゃです。
 
例えば、Twitter。
リアルタイムでメッセージのやりとりをするのに、いちいち手紙出してられませんよね。3日後に「なう」が来ても「いやいやpastでしょ。」やはりスマホです。
 
 
 
このように、情報にはスピードが重要な面もありますので、より速い道具を使います。
 
お金に関することも同様です。より速い道具を使った方が圧倒的に有利です。その最も重要な一つが、「言葉」です。
 
 
お金に関しては、
 
「給料を貰ってお金を貯める」遅い言葉です。
 
「ビジネスをして投資する」速い言葉です。
 
 
遅い言葉を使っていては、お金持ちになるのも遅いでしょう。もしかしたら死ぬまでなれないかもしれません。速い言葉を使っていたら、20代30代で経済的自由、時間的自由を手に入れるのも可能です。
 
 
 
あなたはどちらがいいですか?
 
 
p.s.
スマホ+キーボードにも欠点があります。バッテリーの減りが速い!流石時代の最先端。何でも速いです(笑)
 

速い言葉を使う

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


ノートとペンで執筆
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2014/11/29 @ ffyj

コメントを残す