これが「お金の速度」と呼ばれるものだ

お札を数える
これが「お金の速度」と呼ばれるものだ。
 
 
金持ち父さんの子供はみんな天才 P.205
—–
 
 
 
幸せで自由なお金持ちはお金に関して、何でもスピードが速いです。
 
 
 
例えば、お札を数えるスピード。
 
半端ないです。
一万円札なら1秒で100枚くらい軽く数えてしまいます。
即銀行の窓口に就職可能です。
 
 
例えば、おつりを計算するスピード。
 
コンビニのレジの平均100倍の速度で計算しています。
だから、買い物をしたら、店員の人よりも先におつりが計算されています。
店員の人がおつりを間違えようものなら、すかさず、
 
53円足りない!
 
と訂正が入ります。
 
 
例えば、コイントス。
 
サッカーでどちらのチームがキックオフするか決める時にやっていたりしますが、
一般の人が親指でピンっとはじくと、だいたい毎秒30回転ですが、
これが幸せで自由なお金持ちの人がはじくと、毎秒3,000回転ほどのスピードになります。
桁外れです。
 
 
例えば、お金を持った時に走るスピード。
 
100メートル10秒きるんじゃないかと思うくらい速く走ります。
特にアルミのアタッシュケースに一億円入れている時が速くなる傾向があります。
日本記録ねらえるんじゃないかってくらいです。
 
 
例えば、、、
 
もうソロソロいいですね。
 
 
 
 
 
はい、上記全部ウソです(笑)
 
 
 
 
 
幸せで自由なお金持ちの人は、
一億円入ったアタッシュケース持ったら走るの遅くなります。
コイントスの回転速度、一般人と大差ないです。
おつりを計算するスピード、まぁ人類の平均よりはちょい速いかもしれません。
お札を数えるスピード、逆に遅いかもしれません。
 
 
 
では、お金の速度って何でしょうか?
 
 
 
金持ち父さん流に言うと、
 
 
「どれだけ早く自分のお金を回収できるか?」
 
 
ということです。あるいは、
 
 
「投資収益率はどれくらいか?」
 
 
ということです。
 
 
 
例えば、
1000万円の物件を買い、頭金を120万円払ったとします。
 
家賃:20万円
ローンの支払:5万円
税金、その他:5万円
キャッシュフロー:10万円
 
月々上記のような物件です。
 
 
一年間のキャッシュフローは120万円です。
 
月々のキャッシュフローが10万円なので、一年では
10万円×12ヶ月=120万円
 
 
つまり、一年後回収する金額が120万円なので、
最初に払った頭金120万円を一年で回収したことになります。
さらに、毎年120万円の利益をもたらしてくれる資産である不動産が手元に残ります。
 
回収した120万円を使って別の不動産を買ってもいいし、株やビジネスを買うこともできます。
 
 
 
これが、「お金の速度」と呼ばれるものです。
 
 
 
資産を買って、最初に出したお金をさっさと回収し、次の資産を買う。
この回収スピードのことを指します。
 
お金持ちの人は、このお金の速度を非常に重要視します。
 
 
 
不動産の世界では、表面利回り、とかありますが、
お金持ちはそれよりも、お金の速度を自分で求めます。
そしてそれが早ければ投資します。
 
 
 
今日からあなたも、お金の速度、意識してみてください。

お金の速度を速くする

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


お札を数える
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2014/09/30 @ ffyj

コメントを残す