経済自由人への道

経済自由人への道
どのような道を進みますか?





お金持ち
経済自由人になるために
どのような道を進めばよいか

ロバート・キヨサキ氏は
E→S→B→I

とすすめています。

E:従業員
S:自営業
B:ビジネスオーナー
I:投資家
です。

I(投資家)は
お金を働かせて
お金を作るプロです。

お金がお金を生んでくれるので
自分の労働がほとんどいりません。
楽ですよね♪


でも、いきなり
大きな投資をするI(投資家)
になる道はすすめていません。

それはなぜでしょうか?


(理由1)
有能なBになると
ビジネスのことが
よくわかるようになります。

稼ぐのがうまくなるし
誰が稼ぐのがうまいか
わかるようになります。

I(投資家)は
誰が稼ぐのがうまいか見極めて
その人のビジネスに投資する。

だから
Bクワドラントで成功すると
ビジネスを見極めるのも
うまくなる可能性が高まり、

Iとしても成功しやすくなる
ということです。


(理由2)
Bで成功すると
十分なお金が確保できるからです。

Iとして成功するまでに
失敗もするでしょう。

投資家の失敗=お金を失う

です。

サラリーマンや自営業で
十分なお金がなければ
一回の損失を出すと
次の投資ができない

なんてことになります。

投資が100%成功するなんて
ありえません。

Bとして成功し
十分なお金が確保できれば
投資で失敗しても
また次の投資ができます。

何度も投資を経験しているうちに
投資家としての腕も上がってきます。



以上の理由から
ロバート・キヨサキ氏は

E→S→B→I

と進む道をすすめています。


もちろん
E、Sからでも

小さく投資をして
投資の腕は磨いて
おく必要はあります。

Bになっておかないと
大きなIはできない
ということです。





どのような道を進みますか?




経済自由人への道
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す