真の投資家がしているのは、勤労所得を不労所得とポートフォリオ所得に変えること だけだ。

貯金箱
金持ち父さんはよくこう言っていた。
 
「真の投資家がしているのは、勤労所得を不労所得とポートフォリオ所得に変えることだけだ。
 
自分が何をやっているかきちんとわかっていれば、投資は危険ではない。ごく常識的なことにすぎない」

 
 
改訂版 金持ち父さん貧乏父さん p.258
—–
 
 
 
僕が金持ち父さん貧乏父さんを読んだ頃はまだ収入は給料しかありませんでした。
 
そこから、
 
不動産を持ったり、
FXを始めたり、
ビジネスを始めたり、
 
と、今では大きく分けて
不動産
FX
ビジネス
 
と3つの収入源があります。
 
 
金持ち父さんの言うとおり、勤労所得を不労所得とポートフォリオ所得に
変えていきました。
 
今現在もこの作業は続いています。
そして、これからもずっと続けていきます。
 
 
ここでおさらいですが、
 
勤労所得は労働に対する収入
主に給料です。
 
不労所得は主に不動産の家賃収入。
 
ポートフォリオ所得は主に、株や債権からの収入。
 
 
金持ち父さんの言う、
お金を自分のために働かせるは
 
不労所得とポートフォリオ所得です。
 
 
 
不労所得とポートフォリオ所得の良い所は、一度仕組みを作ってしまえば、あとは勝手にお金を増やしてくれることです。
 
これ、非常に便利です^^
 
 
例えば、朝起きて、口座をチェックしたら
昨日より50,000円増えていた
 
 
 
楽しくなりませんか?
 
 
 
こういう所得をいっぱい持っているのがお金持ち、いわゆる経済自由人です。
 
 
そして、経済自由人はこういう所得が増えるように仕事をしています。
 
 
投資の教育もきちんと受けていて、多くの人が危険だ!と思い込んでいることも別に普通です。
 
 
例えば、不動産がらみで僕が遭遇したのは、
 
多くの人は借金はしたくないと言います。
 
僕は借金をして不動産を買いました。
その不動産は毎月収入を生んでくれます。
 
 
借金しない→収入ない
借金する →収入あり
 
どちらがいいですか?
 
 
毎月家賃収入がある。
その家賃収入で毎月のローンが支払える。
残ったものがそのまま収入になる。
 
やっていることはごく当たり前のことです。
 
 
自分のやっていることがわかれば、
どんどん危険なことはなくなっていきます。
 

勤労所得を
不労所得とポートフォリオ所得に
変えたいなら

http://ff-yj.com/trk/postin-money-lesson


貯金箱
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す