個人と法人の税金の違い

手取りが少ない
個人と法人の税金の違いは?





個人(サラリーマン)
他人の会社のために働く人です。

法人
会社を持っている金持ちです。



税金の違いは何でしょうか?



一番大きな違いは
税金を払うタイミングです。



個人(サラリーマン)の場合

1.稼ぐ
2.税金を払う
3.お金を使う

です。

いわゆる
源泉徴収で

所得税・住民税
社会保険料

などがさっぴかれます。

額面とか
手取りとか
いう言葉がありますね。


僕もサラリーマン時代
給与明細をみて、

なんでこんなに引かれるんだ?
と腹が立ったのを覚えています。



一方、法人は

1.稼ぐ
2.お金を使う
3.税金を払う

です。

お金を使った後、
残った分から税金を払います。

これ、すごく便利です^^

税金をコントロール
できるようになります。

お金持ちは
こんなことをして
遊んでいたのか!

会社って便利!

とすごく感動しました(笑)





個人と法人の税金の違いは?




手取りが少ない
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
2015/06/01 @ ffyj

コメントを残す




CAPTCHA


コメント